Zoee - flaw flower

(顔がすっかり京劇してる)英ロンドンのHarriet Zoe Pittard さんがやってるテクノポップユニット Zoee のマイクロウエーブは聞く限りだとマイクロよりも懐かしいニューウエーブ。 ミュージックビデオをみる限りでは最後までしばらく耐えなければいけない。

“Flaw Flower” is an honest and vulnerable glimpse into Zoee’s interior world, a world she creates through marrying her real-life phone notes with imagery taken from modern works of literature such as “The Flowering Corpse” by Djuna Barnes, Sylvia Plath’s “A Winter Ship” and Maggie Nelson’s “Bluets”. Through these 11 new songs, Zoee delves deep into her own emotional life, combining aspects of the everyday with the surreal in order to uncover the beauty found in being flawed.

マイクロウエーブをききながら、アルバムの背景になってる作品 Djuna Barnes 作の詩「The Flowering Corpse」(死体の花)を読んでみた。グラグラグッとくらくなってしまった。作者ジューナ・バーンズさんはもちろん死んでるが詩のなかに登場するかたも絶望的に死んじゃってるデス。

The Flowering Corpse

So still she lies in this closed place apart,
Her feet grown fragile for the ghostly tryst;
Her pulse no longer striking in her wrist,
Nor does its echo wander through her heart.

Over the body and the quiet head
Like stately ferns above an austere tomb,
Soft hairs blow; and beneath her armpits bloom
The drowsy passion flowers of the dead.

ジューナ・バーンズ(Djuna Chappell Barnes、1892年6月12日 – 1982年6月18日)は、アメリカ合衆国の著作家。1910年代にグリニッジ・ヴィレッジで、さらに1920年代・1930年代にパリでボヘミアン的生活を送りながら執筆活動を続け、20世紀モダニズム英文学の発展に重要な役割を演じた。小説『夜の森』(Nightwood)はT・S・エリオットの紹介にも助けられ、近代小説のカルト的作品となった。レズビアンをテーマとした描写や独特の文体で今日でも光彩を放っている。バーンズの死後、その作品に関する興味が上がり、作品の多くが再版された。

Writer Djuna Barnes had herself force-fed in 1914 to help her document the experience of English suffragettes on hunger strikes.

そのいっぽうで、 The Flowering Corpse、これはこれでショクダイオオコンニャクで有名。あんまし花を咲かせないけど咲いたときがめちゃめちゃクサイ、死臭を放つ、でっかい花。(燭台オオコンニャク Amorphophallus titanum)

Amorphophallus titanum

ショクダイオオコンニャクの花の前では、新型コロナ禍のまえからマスクしてますよ。

Kraków Loves Adana – Everything Dies
Mokina – Orfeu