ELIZABETE BALČUS

ELIZABETE BALČUS

ELIZABETE BALČUS

ELIZABETE BALČUS

ELIZABETE BALČUS

ひょっとしてメンヘラかも。こう写真を並べてみると
けったいな風体だから聞きたくなった。できごころで
聞いたらドリームポップだった。

ラトビアのリーガ出身、ロンドン在住のサイケデリックなドリームポップ、
ELIZABETE BALČUS さん。ビョーク、ブレード、ココロジー、
チボマットが好きみたい。野菜や果物を楽器にするらしい。
https://www.facebook.com/elizabetebalcus.music/

ElizabeteBalčusはラトビアのミュージシャンであり、演奏家でもあり、驚くほどコラージュしたジャンルからサイケデリックな夢のポップを作り出しています。 フルートとボイスをループしたり、エレクトロポップビートをクリックしたり、フルーツをシンセサイザーとして演奏したりして、覚醒と睡眠の間のどこかで、聴いている人を幻想的な状態にしておく。 ライブパフォーマンスは、幻想的であるほど幻想的であるサイケデリックかつ演劇的な状況で観客を魅了します。

unearthly voice, flute, electronics with an avant-garde hat. making eclectic, collage type compositions and audio-visual performances. plays real vegetables as a synthesizer.

Elizabete Balčus is a Latvian musician and performance artist who creates neo-psychedelic dream pop from surprising, collaged, genre juxtapositions that is simultaneously melodic and experimental. Anything is permitted in her musical cosmos: looping flute and voice, clicking electro pop beats and playing fruits as a synthesizer as well, leaving the listener in a blissed out trance like state, somewhere between the waking and sleeping. Live performance engage the audience with a psychedelic and theatrical situation that is as befuddling as it is mesmerizing.

ELIZABETE BALČUS

広告