火葬のうた

a2189740095_10

a0152078045_10

435623187631_n

メンフィス出身、21歳の 尋常ではない
シンガー・ソングライター、Julien Baker が
ギター1本でうたう、火葬のうた。

灰になるひとへの想いは尋常ではない。

Julien Baker – Funeral Pyre

I wake up with the same pain every night,
Digging in ashes and out of sight.
Clearing my chest for something to burn,
Ash from a decorative urn you keep in your mantle piece
Like a trophy for everything.

We learn eventually.

Call me a coward but I’m too scared to leave
‘cause I want you to be the last thing I see
Call me a coward but I’m too scared to leave
Watched you pouring lighter fluid out onto the leaves
And I would have loved you with the dying fire

If I let you smother me now, to the embers
Frost bite turning my limbs as black as cinders, a funeral pyre
But I would have stayed, if you had asked me to
Stood outside until my lips turned blue
I wouldn’t have blamed you
For leaving me there on the porch
While you drink gasoline
Because its what you needed so bad

But its true.

There’s nothing that we could do.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中