大人の見る繪本 生れてはみたけれど

大人の見る繪本 生れてはみたけれど

『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』(おとなのみるえほん うまれてはみたけれど)は、昭和7年公開の日本映画。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎。モノクロ、スタンダード、サイレント、90分。小津監督のサイレント期を代表する傑作で、サラリーマン社会の悲哀を子供の視点から描いた喜劇映画である。小津作品の特徴であるフェードイン・アウトを使わずに固定したカットでつなぐ場面展開はこの作品によって決定付けられた。

このサイレント映画上映会のために、フランスで結成された室内楽アンサンブル、ゼロが音楽をつくた

大人の見る繪本 生れてはみたけれど

大人の見る繪本 生れてはみたけれど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中