Mikky Ekko


Mikky Ekko – Pull Me Down

Mikky Ekko は、米ルイジアナ州の生まれ。父親が牧師さんというか、宣教師だったので、というか、特定の教会で働くわけじゃなく、ぐるぐる移動しながら説教していくひとでした。幼少期は、そんな父親に連れられてアメリカの南部、ディープサウスで過ごし、ほんでもってゴスペルの影響を強く受けました。・・・という経緯のあるインディーポップ。

Mikky Ekko

WE MUST BE KILLERS

I woke up. I was stuck in a dream.
You were there. You were tearing up everything.
We all know how to fake it, baby.
We all know what we’ve done.

We must be killers,
Children of the Wild Ones.
Killers.
Where we got left to run?

Killer.

Set my body free.
Silver tigers in the moonlight running
And the wind in the trees
Singing “Do you believe?”

We all know how to fake it, baby,
And now we know it’s gone.

We must be killers,
Children of the Wild Ones.
Killers.
Where we got left to run?

Killer.

We all know how to fake it, baby.
Now look what we’ve done.

We must be killers,
Children of the Wild Ones.
Killers.
Where we got left to run?

Children of the Wild Ones.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中