木村充揮

木村充揮

かつてアメリカにはこんな音楽がありました。ナット・キング・コールとビリー・ホリデイ。
そして今、私達の国にはこんな歌手がいます。木村充揮。

KIMURA SINGS シリーズ
Vol.1 Nat King Cole 2011.3.9 Release
Vol.2 Billie Holiday 2011.4.13 Release
STEREO/MONO
2011 EDOYA CORPORATION

輝きの時代、あこがれのあの国には

人生を潤わす音楽がありました。

彼らが唄う歌は花火のごとく艶やかで

人々に生きる喜びや情熱を与えていました。

Nat King Cole(1919-1965)と Billie Holiday(1915-1959)

アメリカが産んだこの二人のアーティストの永遠の名曲を

日本のブルース・シーンを代表するヴォーカリスト

木村充揮が絶妙な解釈で唄いました。

音楽が寂しくなってきたこの時代に

音楽に人生を捧げた偉大なるアーティストの才能を

音楽に人生を捧げる「おっちゃん」が受け継いで聴かせてくれます。

私たちは木村さんの歌を通じて、

アメリカ音楽の歴史と豊さにもう一度出会います。

そして日本の音楽の歴史と豊かさにも

じんわりと誇りを持つことが出来るでしょう。

木村充揮 5 年ぶりのソロ・アルバムは

日本を代表するジャズの奇才、梅津和時をプロデューサーに迎えた

二ヶ月連続リリースに渡る珠玉の名盤シリーズです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中